Deneb Black

Deneb Black

2020年12月16日
/ / /

_P8A5648_s

この冬、Deneb(デネブ) に新色のブラックが加わります。

私にとって、Deneb(デネブ) は、思い入れのある作品の一つです。

ヘンプでブレッドバスケットを作り始めた最初の頃は、
実際に食卓で使うことを考えると大きすぎたり、
刺繍の幅が広すぎて、
強度が足りなかったりして、
実用的とは程遠いものでした。

その後、何度も失敗や試行錯誤を重ねて、
ようやく Rigel(リゲル) が形づいてきます。

Rigel(リゲル)

Rigel(リゲル)

そのRigel(リゲル) は、刺繍が細かく、強度もあり、
なかなかの良くなった思うものの、
全てがハンドメイドゆえに、
コストがそれなりにかかってしまいます。
最初の試作品からしばらくは私自身が作っていましたが、
熟達しても1日1個できたらいい方で、
通常は1個作るのに、丸2日程度かかる
オートクチュールなのです。
さらに、刺繍なのでお洗濯にも気を遣います。

そんな中、

よりシンプルで、
使いやすく、
便利で、
尚且つ、お洗濯も気にせずにじゃぶじゃぶ洗え、
持ち運べるもの。

そうして生まれたのが、Deneb(デネブ) です。
Spica(スピカ)やRigel(リゲル) があってのDeneb(デネブ) 。

Deneb(デネブ) は、
片方の取手をもう片方の短い取手にくぐらせると、
ふたの代わりになり、保存しておくときに便利です。
また、バッグタイプなので、持ち運ぶことができます。
クルクルと外側にロールすると、そのまま食卓でバスケットとしても使えます。
パンを温めるピロー以外は、お洗濯も刺繍を気にしないで洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えます。
また、コストも抑えられます。

そして、実際に、このDeneb(デネブ) は、MOLFOで一番人気製品になりました。

しかし、いろいろな場所で、耳にすることがありました。

「白は汚れが目立つから‥」

パンの種類は、今やどれほどあるのかわからないほど溢れています。
そして、日本ではお惣菜パンやスイーツに近いものがとりわけ多く、
チョコやジャム、チーズと言ったトッピングが白生地を汚してしまうのは目に見えます。

そんな声に応えたいと、今回発売するのが「Deneb Black(デネブ ブラック)」なのです。

もう汚れは目立ちません。
また、和洋の両方の雰囲気にどちらもしっくりときます。
第一弾の色展開の「Deneb Black(デネブ ブラック)」を
よろしければ、一度 ご覧ください。

12月16日より一部販売開始しています。
クリスマスまでに入手されたい方は、数量に限りがございますので、お早めに。

このDeneb Black(デネブ・ブラック)が皆様のもとで素敵な食卓の場を作り、
笑顔を醸し出す一助になってくれると大変嬉しいです。

デザイナー
HIROMI KIM

Deneb Black(デネブ・ブラック)の詳細は、こちらからご覧いただけます。

焼きたてパンを美味しく保つパン専用バッグ/バスケット Deneb・デネブ (ブラック)

Comments are closed.